新卒採用サイト2020 進化×探求 Challenge to Next Stage

USS

Working in USS

USSで働く

USSで働く

人とクルマをつなぐだけではない。
プロの仕事に徹し「満足」へつなぐ仕事。

USSで、仕事をするということ。

USSの仕事は、オークションを支える「営業系職種」と運営に欠かせない「事務系職種」の2つに分かれます。どちらの仕事にも求められるのが、会員の皆さまが利用したい会場づくり・会場運営を行うことです。そのためにも、

◎出品台数が1台でも100台でも会員として変わらないサポートをする。
◎プロとしての自覚を持ち、正確な車両検査と正確な情報の提供に努める。
◎会員の声に耳を傾け、より利便性の高いオークションを運営する。

こうした姿勢を貫くことで、会員一人ひとりの「満足」へとつなぐことができると考えます。そして、忘れてはならないのが、会員の向こうには、クルマを購入されるエンドユーザーがいるという事実です。だからこそ、責任をもって仕事をすることが大切です。

営業系職種

営業課

オークションにおける企画や運営を担当。また、落札後のクルマに不具合や検査の見過ごしがあったときなども、会員であるお客さまに対して適切に対応します。また、ふだんから会員の皆さまとの信頼関係を築きながら、クルマの出品やオークションへの参加を働きかけることも大切な仕事です。


車両課

オークションに出品される車両に対して、キズや凹み、エンジンの状態、事故などによる修復歴などを検査。USSが設けた10段階の評価基準にそって、評価点をつけるという重要な仕事です。このほか、オークション会場に来場されない会員に代わり車両の下見を行うこともあります。


事務系職種

オークション会場の各課(書類課、電算課、総務経理課、車両課、営業課)

出品店から届く書類のチェックをする「書類課」、出品されるクルマのデータベース化を行う「電算課」、入出金の管理や経理業務を行う「総務経理課」、検査が終わったクルマの管理など車両に関する事務処理をする「車両課」、電話対応やイベント運営などの業務を行う「営業課」などに分かれます。オートオークション運営は、こうした各部署の連携によって成り立っています。

USS Work Style 座談会

Copyright USS Co., Ltd. All Rights Reserved.