資料請求・お問い合わせ
採用情報新卒採用キャリア採用

企業情報

お客様とともに

基本的な考え方

オートオークションは、「出品してくださる会員」と「落札してくださる会員」がいてはじめて成立します。このため、会員企業にとって利用しやすい「商いの場」を提供することが当社にとっての大きな責務となります。
さらに、オートオークションで取引された中古車は最終的にエンドユーザーの元に届くということを忘れてはならないと、強く認識しています。エンドユーザーの安全・安心を守るためには、当社が出品された車両の状態を正確に検査し、適正価格で流通できるようにすることが重要です。
会員企業と消費者の双方から信頼される中古車流通市場の創造を実現すべく、当社は業界をリードし、積極的に取り組んでいきます。

中古車流通市場の信頼性を向上させるために

会員情報の管理

当社のオートオークションは会員制であり、会員の多くは中古車販売業を営んでいます。これらの会員の情報には個人情報が含まれているため、個人情報保護方針に基づいた厳正な管理を行っています。

オートオークションにおける不正取引の防止

中古車流通市場を公正で透明性の高いものにするため、当社は創業以来、常に「公平・公正」を理念としてオートオークションの運営を行っています。オートオークションにおいて、適切な情報管理は欠かせない要素です。公平・公正な市場を提供するため、監視システム等を通じて適正に取引がされているか厳重に管理しています。

車両の正確な評価・正確なデータ提供

車両検査を見落としなく適正に行うこと、出品車両データを正確に伝えることは、会員にとってもエンドユーザーにとっても非常に重要です。
当社では車両検査にあたって、独自の厳正な検査体制で10段階の評価点を付ける方式を採用。各会場では、当社独自の資格を取得した車両検査員が検査を担当しています。評価基準に沿った検査をスピーディに実施し、情報は出品票にまとめられた後にデータベース化され、リアルタイムの情報検索が可能となっています。

走行メーター管理システム

かつての中古車流通では、走行メーターを改ざんするといった不正が行われており、それがエンドユーザーの不安や不信感につながっていました。
公平・公正を第一とする当社では、創業当時からこうした不正を撲滅するという姿勢を貫いてきました。それが、2001年の一般社団法人日本オートオークション協議会の創設や、同会による「走行メーター管理システム」の運用へとつながっています。
「走行メーター管理システム」には、全国のオートオークション会場で出品された車両の車台番号と走行距離がデータベースとして蓄積されているため、出品車両をデータベースと突き合わせることでメーター改ざんの判定が可能となっています。

より利用しやすいオートオークション会場づくり

当社のオートオークションは、全国19カ所の会場で開催される現車オートオークション「USSオートオークション」と、衛星TV専用端末機を使ってセリに参加する「USSグローブネットワーク」、インターネット回線を介してセリに参加する「USSインターネットライブ」の3種類の参加方法があります。
全国の現車オートオークション会場では週1回セリが行われ、会員が実際に出品車両を下見・確認できるようになっています。全国どの会場でも公平・公正な車両検査やサービス、接客を提供できるよう、教育・研修を徹底しています。

会員向けのセミナー・勉強会

オートオークション会場では、会員向けに様々な講習会や勉強会を開催しています。オートオークション会場の利用説明会、車両検査の講習会、自動車関連の税金セミナー、中古車販売に必要な書類についての講習会などのほか、新車ディーラーから講師を招いて新型車両に関する勉強会なども実施しています。会員のニーズに応じた情報を提供し、ビジネス上の悩みや困りごとを解決するきっかけとして、好評をいただいています。

魅力あるオートオークション会場をつくるために

当社の各会場では、中古車をカテゴリーや価格帯で分類した「コーナー」を設定しています。例えば、エコカー専門の「ハイブリッド・EVコーナー」など、市場の変化に対応したコーナーを設けることで、会員の出品しやすさ・落札しやすさに貢献することができ、会場の独自性も際立つと考えています。
イベント開催時には、来場した会員向けに景品をお渡ししています。各地域の名物や、被災地の復興支援を目的とした景品を選び、会員の満足度向上に努めています。

会員のニーズにあわせた設備・仕組みの導入

当社では、落札時における名義変更に必要な各種書類等についても、当社が車検証・譲渡証明・印鑑証明等を受領したうえで確認するとともに、車両代金の入金確認を行うことで、取引がスムーズに行えるようにしています。
また、現在、当社では古い会場の建替えやリニューアルを進めています。その際には、オートオークションホールの机や椅子などの備品を、より使いやすく居心地のよいものへと入れ替えるなどの配慮を行っています。
当社の各会場に足を運ぶ会員は、オートオークションに参加することはもちろんですが、他の会員と情報交換を行いたいというニーズも持っています。そこで、各会場内にソファや喫茶室などを設け、コミュニケーションの場として活用いただいています。長い時間を会場で過ごす会員も多いことから、レストランでは無償で食事を提供しています。また、マッサージルームなどのリラクゼーション施設も設けています。

人権への配慮

USSグループは、企業の構成員として、互いに国籍、信条、宗教、性別、身体的障害などによって差別してはならないことを「USS行動・倫理規範」で明文化し、徹底を図っています。また、会員においても国籍、信条、宗教、性別、身体的障害によって差別することなく対応を行っております。さまざまな国の方が来場するオートオークション会場では、例えば、イスラム文化圏の方のため、専用のお食事をご用意し、礼拝室も設置するなど、気持ちよくオートオークションに参加していただけるように、できる限り固有の文化に対応した施策を実施しています。

クレームへの対応

(株)ユー・エス・エスでは、落札者からの異議申し立て(クレーム)を受け付け、斡旋仲裁を行う制度を設けています。
また、クレーム管理システムを構築し、USS全体での情報共有と対応の迅速化に努めています。発生したクレームの内容、担当者の対応、解決までに要した時間などをデータベース化することで、類似のクレームが発生した際にデータに基づいた対応が可能となります。このデータを活用して、検査員別にクレーム発生状況を分析し、検査員のスキル向上に役立てる取り組みも行っています。


TOP